自爆霊穂"無実ちゃんと十一対の並行世界

前作十一人の未来罪人の続編。2021/02/22更新スタート。出来れば毎日更新。

刺突 後 渦炎 -1-

 突如として始まったこの状況。


 例えば漫画のコマ枠内――あるいはゲームのプレイ画面が映し出されたモニターの枠内にて展開されいると、そんな仮定をしたならば。



 これはきっと物語の導入部分だ。



 分かり易すぎる位にあからさまなモブ悪役と事を構えるに至った、典型的な主人公キャラクターを役割として担うこの僕は。前提、


 フィクション世界における通常の手順ないしは一種のお約束事――つまりは決して、大事に至らず事なきを得るに違いない。


 何故なら場面は、序盤も序盤で。



 未だ冒険すら始まっていない ま る で チ ュ ー ト リ ア ル で あ る か の 様 な 取るに足らない、よくある一場面-ワンシーン-でしかないのだから。



 しかし。されど。奇しくも。遺憾ながら。


 現実は非情を通り越し、生前とも転生後とも代わり映えのしない普遍で平常-フラット&ドライ-な其れでしかなくて。



 僕はただただ、恐怖に慄(おのの)き這々の体にて逃げ出していた。



「待てコラァアアアアアアァ!!」


「大人しく刺されろォォオオ!!」



 賊たる男二人組は各々手に刃物を握りしめ、退く僕へと全速力で間を詰めながら怒号を上げていた。



「だっ......なん......でッ! こんな......ァアァ!!!」



 動悸が激しく息も絶え絶えとなり、信じられないくらいに鼓動がの間隔が早まってきている。


 不明のベールに包まれた当事者以外にはあずかり知らない事情・都合の下、どうやら僕は彼らにとって、傷つけても良い対象であるらしかった。


 いやさ、この際多少の怪我であれば我慢しよう、耐えて見せようとは思いながらも、考えたくない結末が脳内にて構築されていく。



 転生してから間もなく。


 厚山太は 再 び 死 に 至 る のではないのかという――笑うに笑えない結末を。



 足首を軽く隠す程度であった草花は、我武者羅に逃走していくうちに、今や腰辺りの高さにまで伸びてきていた。


 運動は不得手ながらも生命の危機に瀕している事が後押ししてか、幸いにも僕と追手2名との距離はそこそこ離れている。


 撒くには近く捉えるには遠い、そんな絶妙な距離間を保っていた。



 もう少し、あともう少しだけ走り続けて、肩口あたりにまで草花の高さが揃った辺りでその身を隠そうと、安易な施策を巡らせていた時であった。


 行く手を遮る物体が一切存在しないその箇所で。



 両脚のもつれに伴って大きく体勢を崩した僕は。


 全体重を載せた顔面から地面へと先行し、盛大にすっ転んで身動きが取れなくなったのであった。